探偵見積もりの使い方
探偵にうまく見積もりをして、調査料金を安く抑える方法とは。

人探し調査の見積りで注意したいこと
探偵には様々な調査業務があり、そのなかには、人探し調査という行方不明になった人間を捜索する調査業務もあります。

この人探し調査を見積りしてもらうと、一般的な調査で数万円、10万円を超える調査になると、現地へ行って聞き込み調査など調査員が実際に動いて捜索をした場合などでは、10万円以上かかる調査方法もあります。

探偵の人探し調査ですが、行方不明者と一口に言っていますが、警察などでは行方不明者の捜索に捜索願を出せば探してくれるのに、何故探偵に人探しを頼るのか?

それは、探す人の区分が探偵の場合には広いのです。
例えば、「昔の恋人を探している」といった依頼を受けたとします。警察の場合には、昔の恋人が何故行方不明になったのか?と聞かれると思いますが、依頼人としては「ただもう一度会いたいから」と言うと、警察は捜してくれません。

当然ですが、警察の捜索とは事件性や事故に巻き込まれてしまったりといった場合で捜索をしてもらえます。
年間で数万件以上の捜索願が出されるので、日本全国の警察官を総動員したとしても全ての行方不明者を見つけ出すのは困難です。

そこで、探偵にそういった事件性や事故に巻き込まれている可能性が少ない、緊急性の少ない物が依頼として舞い込んでくることになるのです。

もちろん、警察に捜索願を出したが、それでも見付からないと言って、捜索を高額な調査費用でもいいので探して欲しいという依頼人もいます。




All Right Reseved. 探偵見積もりの使い方