探偵見積もりの使い方
探偵にうまく見積もりをして、調査料金を安く抑える方法とは。

浮気調査の見積もり
探偵の調査業務の中に、浮気調査があります。
浮気調査とは、夫婦または恋人の不貞行為の実態について調査を行い、不貞行為の実態があった場合にはその証拠を取り、実態がなければその結果を依頼人に報告するといった調査内容です。

この浮気調査をしてもらう為に、見積もりを出してもらうのですが、どこまで自分の事情を話して浮気調査をしてもらうのか、分からないといった依頼人は多いのです。

不貞行為というのは、自分のパートナーのことであったとしても、あまり他人に知られたくない話でもあります。そのため、浮気調査の見積もりを頼むときに、上手く探偵側で事情を伝えることが出来ず、見積もりが甘い条件になってしまったり、または実際の料金と違いがあったりと、後々で問題になるケースもあるのです。

そこで、見積もり時に浮気についてどこまで話せばいいのか、いくつか項目をまとめておきたいと思います。

まず、見積もりをしてもらうのですから、探偵の一般的な浮気調査の料金を聞きます。
大抵、調査員と時間、そして料金を伝えてくれると思います。

その情報を元に、自分の調査をしてもらいたい条件を列挙していきます。

「成るだけ早く証拠が欲しい」
「調査は絶対に見付かりたくない」
「調査料金はなるだけ押さえたい」
「浮気の証拠は複数欲しい」

などなど…。自分で条件を箇条書きしておき、なるだけ自分の個人情報は相手に知られないようにするため、名前や電話番号も最初は伏せておくのがいいでしょう。

そこまでしないと危険なのか?と思われるかもしれませんが、見積もり段階なので、個人名も言う必要もありませんし、資料を送らせてもらいますと言って住所を伝える必要もありません。

電話は相手に番号が知られてしまいますから、メールフォームなどがあるのだったら、無料アドレスを新たにとって、そのメールアドレスを探偵用に使うといった方法もあります。




All Right Reseved. 探偵見積もりの使い方